忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アメリカでも同じく企業ブランド価値ランキングがありました。一位はアップル、2位はIBM、3位グーグル、4位マクドナルド、5位マイクロソフト。そういえば日本でマクドナルド20位以内に入っていなかったなぁ。楽天やユニクロが入っていてもよさそうだったけど、どんな基準で調査しているのだろう。世界共通でIT企業がブランド力が強いというのは分かりました。
日本だと16位にヤフーが入っていますが、アメリカでは10位以内にyahoo!が入っていないのですね。10位までの結果しか載っていなかったので、米yahoo!が何以下は分かりませんが・・・。アップルはいろいろヒット商品をだし、それが当たりまくっているのですごいです^^。

SEO対策 申込み 問合せ
会社 SEO対策

女性の顔を矯正する整体サービスサイト
顔 矯正 大阪

トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
SEO対策用サテライトサイト(衛星サイト)の更新継続は必須か?更新ゼロでもSEO効果は持続する
PR

ブランド


日経リサーチがまとめた「企業のブランド力」。トップは日本マイクロソフト。アップルジャパンは3位、グーグルは8位です。2位はオリエンタルランド。東京ディズニーリゾートです^^。グーグルって以前は働きたい企業に入っていたのになぁ・・・。それはこの調査には関係ないのか。アップルジャパンは前年44位、Microsoftは前年3位、ならば前年の1位って?と見たら、グーグルでした^^;。
アップルジャパンすごいですね。前年の44位はちょっと信じられないのですが・・・。写真集まで出している佐川さんより、大和さんの方がブランド力があるのには驚きでした。うちの田舎はヤマトさん強いです。そういわれればヤマトさん営業所もたくさんありますしね^^。

Bing SEO対策
バックリンク サービス

「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
SEOフィルター。被リンクに起因するフィルタリング、対策URLのコンテンツに起因のフィルタリング
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム

愛媛県松山市のリサイクルショップHP
リサイクルショップ 松山
不用品回収 松山
冷蔵庫 買取 松山